molten B+ シューティングマシン

シュート練習をしたくても、1人では時間がかかる。友達にリバウンドを頼むのも、気がひける。。。そんな練習環境に、シューティングマシンをプラスします。一人で、効率的に、シュートがたくさん打てる、バスケットボール用シューティングマシン。

サイズ:幅62×高さ163×奥行122cm(収納時)

    幅325×高さ360×奥行215cm(使用時)

重量:112kg

電源:AC100V 50/60Hz

消費電力:900W(最大)

材質:鉄鋼材

付属品:電源コード1本、取扱説明書

生産国:日本

販売

シューティングマシン

(1) 販売価格

¥500,000 (税別/輸送費別途)

(2) 輸送費 / (3) 設置調整費

輸送費、設置調整費は日時や場所によって異なりますので、お見積いたします。

お問い合わせフォームからご連絡ください。

 

※  オリジナルプリント 無料

インタビュー

プレーヤー

(東海大学)

日課は600本イン、量をこなすことで自信につながる

小学4年生からシューティングの日課は600本インでした。これも両親が自宅にリングとナイター照明を用意、高校時代はボール拾いに専念してくれたマネージャーのおかげです。同じ環境を作ることは難しいでしょうが、B+シューティングマシンは1人で効率的な練習ができます。量をこなすことは、質を濃くし、必ず自信につながります。

プレーヤー

(広島ドラゴンフライズ)

1本のシュートに対して絶対に必要な背景を作る

今季でプロ17年目。シュートは「打てるか、打てないか」。自分を知り、自信をつけ、仲間からの信頼を得る。1本に対して背景は絶対に必要です。しかし学生時代は、思い描くような練習ができなかった。初めて向き合えた時期はプロ入り後でした。一人で上達する環境が作れるB+シューティングマシンは本当に魅力的です。

プレーヤー

(2004 アテネオリンピック女子日本代表)

私がインサイドの選手からシューターになるまで

シュートは反復練習です。打った分だけ成果が返ってきます。高校時代はインサイドの選手でしたが、Wリーグに入って人一倍練習したことで、シューターになりました。だからいまB+シューティングマシンがあることは羨ましい環境です。素早いボール出しとパスの質も良い。使い勝手も簡単。アイディア次第で、可能性は無限です。

※写真はBリーグ2019-20シーズン特別指定選手として、三遠ネオフェニックス所属時

指導者

(株式会社エルトラック 代表取締役)

シュート上達を追及する環境、プロセスを濃くするツール

シュートは正しい理論と実践の積み重ねですが、日本は子どもたちがそれを追及できる環境がなかった。しかしB+シューティングマシンは、その悩みを解消します。最短1分で打てるシュートは20本。選手の主体的な練習は成長を促し、指導者がその環境を用意できるかが鍵です。シュート上達へ、プロセスを濃くするツールです。

クラブ経営者

(広島ドラゴンフライズ 代表取締役社長)

強化と普及で画期的、バスケを広める存在

B+シューティングマシンは強化と普及の両面で画期的です。学生時代はバスケ一色でしたが、当時はしっかりシュートを打ち込めていなかった。でもこれがあれば1人で効率的な練習環境が作れます。一方で、お客さまや子どもたちがゲームセンター感覚でシュートを楽しむこともできます。バスケットボールを広めていきたいです。

指導者

(YamaMoto Training Center 代表)

現役時代にシュートへ向き合えていなかったからこそ

シュートは現役時代よりも今の方が入るんです。指導者になって、当時は向き合えていなかったと気がつきました。B+シューティングマシンは、子どもたちにモチベーションと変化を与えます。日々の練習で一番打ちやすい方法を感覚的に自分で見つけることができれば、シュート精度もおのずと上がるでしょう。成長への手助けとなります。

molten B+

シューティングマシン